官足法の特徴

2016-04-02
官足法について

官足法で足もみをして本来の健康を取り戻しましょう


施術の流れ_足揉み01


官足法とは、官有謀先生により考えられた足裏健康法で、
中国2000年前から伝わる反射区療法です。
リラクゼーションを目的とする足裏マッサージとは
全く違います。
足裏の皮下に溜まった汚れを揉みつぶし、
さらに膝上10センチまでを揉みほぐします。
定期的に足もみすることによって血液循環を良くし、
足裏にある各臓器の反射区を刺激することによって、
新陳代謝を高め全身の機能が活性化されます。
またリンパの流れも良くしますから、
抵抗力もアップし免疫力も高まります。
足もみが、全身のケアになります。
体調が優れない方、原因不明の不調にお悩みの方、
もっと元気に過ごしたい方、本来の健康を取り戻して、
生き生きと過ごして行きましょう。


官足法3大特徴
①足の老廃物をもみほぐし、血液循環を回復させる
②反射区を刺激することであらゆる臓器を活性化させる
③リンパのマッサージも同時にするため、
体に抵抗力をつけ、治癒能力を高める

体中の血液が全て入れ替わるのは
大体4ヶ月と言われています。
つまり最低4ヶ月間は足もみを続けていくと
本質的な体質改善できます。
当院に通って頂くペースは人それぞれ
(足の状態にもよります)ですが、
体調に合わせ通って頂くと非常に効果的に
老廃物をほぐしていけます。
ご自宅でも積極的に足を揉むようにしましょう。


よくある質問
Q:もっと短い時間で出来ませんか?
A:KMR式の官足法は、リラクゼーションなどを
目的としたタイプのフットマッサージとは違います。
反射区を丁寧に揉みほぐすことで、
直接身体の臓器・器官にアプローチしていきます。
中途半端な施術では、足裏に溜まった汚れを
ただ浮かび上がらせてしまうだけで終わってしまいます。
お客さまの状態に合わせた施術を丁寧に
させて頂くために、十分なお時間を頂いております。

Q:とても痛いと聞いていますが、
 そんなに長い時間耐えられますか?
A:お客さまに合わせて行っていきますので大丈夫です。
なかには、気持ち良くで眠ってしまう方もいらっしゃいます。
多少反射区によって痛みがあっても、
ずっと続く訳ではありません。また体調が良くなるにつれ、
痛みが軽減していきます。


icon_menu

Tags:
Posted in 官足法の特徴 | Comments Closed